Search

スペースポイント

スペースポイントは売れる売り場作りのVMD教育、コンサルタント会社です。

子供の感性を育てる

先日、セミナーで花育の話をしましたら、セミナー後、花育を進めるにはどうしたらいいかという質問がお花屋さんからありました。

小さい時からお花がいつもある家庭の子供は大きくなっても花を飾ったり、興味があるという統計があります。
子供の時からの習性は大人になっても続くものです。
花育は、親育かもしれません。
子供は親を見て育ちます。親の価値観で育ちます。
親にお花の興味を持たせ、子供と楽しめるワークショップを開催してみましょう。
お花の消費を伸ばすには、お花屋さんに行くという購買動機を作ることが大事です。
ハロウィン、クリスマスなどは子供が楽しめます。母の日、父の日はどうでしょう。
年間販売計画の中にワークショップを入れてみて下さい。
もちろん手間はかかりますし、店内のスペースを何とか作らなくてはいけませんが、まずはやってみることです。

人は人に興味を持つものです。
見ている人も次回はきっと参加したくなります。

そして、子供の感性を育てるものは花育だけではありません。
ミュージカル女優をやっている若いお友達がいるのですが、幼稚園、保育園に伺って
音楽の楽しさ(音育)を伝えているそうです。
子供はみんな音楽が大好き。音楽を流し歌いだすと、踊りだすと楽しそうに話してくれました。
未来のミュージカルスターが出たら嬉しいですね。
美容栄養アドバイザーで食育研究家のお友達も小学校、中学校と食の大事さ(食育)を
講演しに行っていると聞きました。
今は、小学校高学年になると女の子はダイエットと言って食が乱れてくることがあるようです。
正しい知識と興味を持つ話を届けることは大人として大事なことですね。

どうでしょう。未来の顧客になってくれる子供達に出来ることを、お店でも考えていきましょう。

Comments are closed.