Search

スペースポイント

スペースポイントは売れる売り場作りのVMD教育、コンサルタント会社です。

whats vmd
VMDとは

VMDとは

VMDとは、 Visual Merchandising の略です。 直訳すると 「視覚的商品化計画」 です。
VMDというとディスプレイのことだと思われる方が多いと思いますが、 それだけではありません。
マーチャンダイジングを売場全てのビジュアルを通して表現し、 伝えることがVMDです。

※マーチャンダイジング ・ ・ ・
適正に仕入れ、 適量、 適価、 適時、 適所で販売すること
広くは、 商品開発、 販売促進、 広告計画までを含めた販売活動をいう。

VMDはアメリカが発祥の地で、 1970 年代後半に百貨店を中心として本格的に取り入れられました。
アメリカでは市場競争の激化とともに他店との差別化を図りたいということと、 多民族国家ですから、言葉にしなくても見てすぐわかりセルフで買えるお店のビジュアルシステムづくりが必要だったのです。
それがVMDという概念になりました。
GAPを見ればわかりますね。 デザイン、 色、 サイズが分かりやすく陳列、 演出してあります。
日本では、 ユニクロが同じようにシステム化されたビジュアル表現で、 見やすく買いやすい売場になっています。 しかし、 全てがGAP、 ユニクロ方式であればいいわけではありません。
企業によってそれぞれマーチャンダイジングは違います。 お店での品揃えと、 商品の消化率を上げる工夫はアパレルのみならず全ての業種にいえるので、 他の業種においてもVMDを積極的に取り入れる動きがあります。

私の考えるVMDとは、 良い店を作るためのビジュアル作り。
良い店とは、
お客様がこの店で買って良かった。
この商品に出会えて良かった。
この人から買って良かったというお店です。

その為には、 店、 商品、 人が欠かせません。

どんなに素適なお店で、 良い商品があり、 接客が良くても、
それがお店で具現化されなくては、お客様の目に留まらないし売上に繋がりません。

あなたのお店をもっとお客様にとってわかりやすく、 魅力的なお店にしたいなら
VMDの見直しをして下さい。
そしてスペースポイントにご相談ください。